脚やせ 入浴法

脚やせに効果的な入浴法とは

脚を細くするには入浴法にも工夫すると効果がアップします。

 

入浴時は脚のむくみを取ったり、シェイプアップするのに適していますので、
入浴しながら脚やせしていきましょう。

 

脚やせに効果的な入浴方法は、

 

1.お湯の温度をぬるめにする。

 

湯船のお湯の温度をぬるめにすると、副交感神経が働いてリラックスできます。
まずはリラックスしてゆっくり湯船に浸かっていられる状態にしましょう。

 

2.湯船に30分程度浸かる。

 

身体の芯を温められるよう、30分程度を目安にお湯につかります。
3.まずひざ下を十分に温めてから太もも、次に上半身を温めていきます。

 

心臓より遠いところから先に温めることで、速やかに血行が良くなります。

 

からだの末端(手足)を温めると、
一度に全身を温めるよりも早く血行が良くなります。

 

このように入浴方法を工夫するだけで体の代謝が上がり、
老廃物をスムーズに排出してくれるのです。

 

不要な脂肪も老廃物と一緒に排出されるので、
しっかり温めることは大切です。

 

デスクワークでも立ち仕事でもそうですが、
足を下にしている時間が長くなりがち。

 

足を下にしている時間が長いと、
体の老廃物が下半身に溜まりやすいのです。

 

また、入浴するときにハーブやアロマオイルを加えると、
よりリラックス効果が高くなります。

 

あるいは、発汗作用のある入浴剤を使うと新陳代謝がアップして、
老廃物の排出も進みます。

 

足が疲れていると感じた日には、湯船で脚をマッサージすると血行が良くなり、
疲労回復につながります。

 

湯船に浸かれないときは足湯だけでも効果があります。

 

足湯の場合は少し熱めのお湯にして行います。

 

大きめの洗面器やバケツにお湯を入れて、
15分〜30分ほど膝から下を温めます。

 

お湯がぬるくなってきたら、熱いお湯を足して温度を保ちましょう。

 

このように、脚やせには足を温めて
血行や老廃物の循環を良くすることがポイントです。