脚やせ ウォーキング

脚やせするウォーキング方法

脚やせするにはウォーキングを積極的に取り入れるのがおすすめです。

 

現代の生活では歩く機会が減って運動不足になりがちです。

 

都市部なら一駅、二駅歩くように気を付ければウォーキングになりますが、
車で移動することが多い郊外や地方などは、
意識して歩く機会を作っていくことが大切です。

 

ウォーキングは脚やせのためだけでなく、
全身の健康増進のためにも取り入れていきたいところです。

 

脚が太くなる原因の一つとして、筋肉が少ないことがあげられます。

 

脚の筋肉が少ないと、脂肪を燃焼する力が弱いので
脚に脂肪が付きやすくなったり、むくみやすくなったりするのです。

 

脚に筋肉をつけながら脚やせするには、
ウォーキング方法に工夫が必要です。

 

ただ歩くだけよりも脚やせの効果を上げるには、
次のようなポイントに注意しましょう。

 

・腕を大きく振って歩く
腕を振って歩くことで、ただ歩くだけよりも消費カロリーが増えますし、
振り上げた手が振り子の役割になって早く歩きやすくなります。

 

腕をふることで背筋も伸びて姿勢も良くなります。

 

また腕を動かすことで二の腕のシェイプアップにも役立って一石二鳥です。

 

・地面を親指で蹴って、かかとから着地するように歩く
ペタペタと足先だけで歩くのは、ふくらはぎの筋肉の運動量が少ないですが、
地面を親指で蹴って歩くとふくらはぎをしっかり使うため、
筋力量とカロリー消費がアップします。

 

・歩幅を大きめにして早めのペースで歩く
歩幅を大きくすると、必然的に早く次の足を出そうとするので
ペースも早まります。

 

歩くペースを上げることで、さらにカロリー消費量が増えるので
脚やせに効果的です。

 

この歩き方で一定の速度を保ちながらウォーキングを行うことで、
脚やせしやすくなっていくでしょう。

 

最初は慣れない歩き方なので歩きにくく感じるかもしれませんが、
続けていると自然にできるようになってきます。

 

こうしたウォーキングを継続して行うことで、
脂肪燃焼しやすい体になっていきますので、日常生活に取り入れてみてくださいね。